> > 宮崎県国富町のメガソーラー、稼働開始

宮崎県国富町のメガソーラー、稼働開始

記事を保存

ソーラーフロンティアと矢野産業(宮崎県)は、宮崎県国富町で2か所の大規模太陽光発電所の運転を開始した。両発電所は、ソーラーフロンティアCIS薄膜太陽電池を採用。

ソーラーフロンティアが2.2MW、矢野産業が1.1MWの発電事業者となり、発電出力は合計3.3MW。推定年間発電量はそれぞれ一般家庭の消費電力約500世帯分と約250世帯分。

同事業は、ソーラーフロンティアとベレクトリック社(ドイツ)、昭石エンジニアリングの三社が日本で初めて共同で手がけたプロジェクト。ソーラーフロンティアは、今回のプロジェクトにより発電事業者として太陽光発電所を建設、運営するといった下流領域に進出した。同発電所は、稼働開始後の太陽光発電所を投資家に売却する「Build、Operate、Transfer(BOT)」のビジネスモデル第一号となる予定。

ベレクトリック社は、地面設置型太陽光発電所と屋上設置型太陽光発電システムの建設請負会社として、設計・調達・建設を手がける企業。CIS薄膜太陽電池モジュールの性能を最大限引き出す太陽光発電所の設計ノウハウを有し、欧州でもソーラーフロンティアと合弁事業を行っている。

昭石エンジニアリングは、今回のプロジェクトにおいて設計・調達・建設を担当した。三社は、今回のプロジェクトを皮切りに、今後も日本での協業を進めていく方針。

矢野産業にとっては、創立50周年記念事業の一環としての新規事業となり、同発電所の運転開始により同社は再生可能エネルギー事業へ参入した。

【参考】
ソーラーフロンティアと矢野産業、宮崎県に3.3 MWのメガソーラー(2012/9/12)

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.