> > 関西電力グループ、和歌山県の他社遊休地に30MWのメガソーラー

関西電力グループ、和歌山県の他社遊休地に30MWのメガソーラー

記事を保存
関西電力グループ、和歌山県の他社遊休地に30MWのメガソーラー

関西電力と東燃ゼネラル石油は、和歌山県有田市において、共同でメガソーラー(大規模太陽光発電所)事業を推進すると発表した。平成26年度の運転開始を目指す。

両社は、本メガソーラー発電計画を共同で推進することに合意した。本計画は、東燃ゼネラル石油が同市に所有する遊休地(約45ha)を有効活用し、関西電力のグループ会社である関電エネルギーソリューションが発電出力約30MW(約3万kW)のメガソーラーの建設および運営を行い、東燃ゼネラル石油が事業用地の提供およびメガソーラーの日常点検などの発電所管理等を行う。

本メガソーラーの年間発電電力量は、一般家庭約9,000世帯の年間電気使用量に相当する、約3,100万kWh、CO2排出削減量は年間約13,000tを見込む。

関電エネルギーソリューションは、関西電力100%出資する総合エネルギーサービス会社。電気事業で培った技術力、ノウハウと、関電グループの総合力を活かし、ユーティリティサービスやESCOサービス等を提供する。

関電エネルギーソリューションは、1月に、京都府と関西電力グループが共同で取り組む事業において、京都府精華町に発電出力約2MWのメガソーラーを建設することを発表。

また、今月、寄神建設(兵庫県神戸市)が兵庫県淡路市野島貴船地区において、発電出力30MWのメガソーラー発電事業を行うにあたり、太陽光発電設備の設計・施工を行い、所有のうえ、運営・保守に至るまで一括したマネジメントを実施するユーティリティサービスを提供することを発表している。関西電力グループは、今後も引き続き、再生可能エネルギーの開発推進に積極的に取り組んでいく考えだ。

【参考】
関西電力 - 和歌山県有田市におけるメガソーラー発電計画の推進について

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.