> > 日立マクセル、京都府と兵庫県に合計2.9MWのメガソーラー

日立マクセル、京都府と兵庫県に合計2.9MWのメガソーラー

記事を保存

日立マクセルは、福知山地区(京都府)及び小野地区(兵庫県)の同社工場敷地の一部を活用し、出力合計約2.9MWの太陽光発電による売電事業を2013年度下期に開始すると発表した。

出力は、福知山地区が約1.7MW、小野地区が約1.2MW。年間発電量は、福知山地区が約1,500MWh、小野地区が約1,300MWhで、合計約2,800 MWh(CO2排出量換算で約1,100t/年)を予定。

同社は、リチウムイオン電池をはじめとした蓄電デバイスの開発を通じた電力平準化など、電力の安定供給に関わるソリューションを提供する取り組みを進めており、同事業は、その一環として行われる。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.