> > 「スマート・バイパス・ダイオード」で太陽電池のホットスポット発生を抑止

「スマート・バイパス・ダイオード」で太陽電池のホットスポット発生を抑止

記事を保存
「スマート・バイパス・ダイオード」で太陽電池のホットスポット発生を抑止

日本テキサス・インスツルメンツ(日本TI)は、標準の表面実装パッケージで15Aの電流定格に対応し、電力損失を業界最小レベルに抑えた「SM74611」スマート・バイパス・ダイオードを発表した。

量産出荷中で、TI及び販売特約店から提供される。1,000個受注時の単価は1.50ドル。パッケージは2端子D2PAKで、そのまま従来の表面実装ショットキー・ダイオードの代替が可能。

同製品は、太陽光発電パネルの用途において、従来のショットキー・ダイオードを使ったジャンクション・ボックスと比較して電力損失を80%、ジャンクション・ボックス内の動作温度をセ氏50度低減するのが特長。

これにより、既存のジャンクション・ボックスでは定格電流値の増加を可能にするとともに、新規のジャンクション・ボックスの場合には定格電流値の増加とボックスのサイズの低減を同時に実現する。

太陽光発電パネルへの光が何らかの要因によって遮られた場合、「SM74611」アクティブ・ダイオードは、ストリング電流に対し抵抗値の低いバイパスのパスとなり、パネルの損傷につながるホットスポットの発生を抑止する。

また、効率向上によりパネルの信頼性を高めると同時に、発熱を抑えることによりジャンクション・ボックスとヒートシンクの小型化を実現した。

さらに、順方向と逆方向動作のいずれの場合にもリーク電流を低減し、従来のショットキー・ダイオード方式の太陽光発電アレイと比較し、発電量を向上させた。

なお、テキサス・インスツルメンツ(米国テキサス州)は、主にアナログICと組込みプロセッサを開発設計・製造する半導体企業。日本TIは、その子会社で日本市場における外資系半導体サプライヤ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.