> > 香川大発ベンチャー、水を使わないソーラーパネル清掃ロボットを開発

香川大発ベンチャー、水を使わないソーラーパネル清掃ロボットを開発

記事を保存
香川大発ベンチャー、水を使わないソーラーパネル清掃ロボットを開発

香川大学発ベンチャー企業の未来機械は、ソーラーパネルの上を自動走行しながら水を使わず清掃できる「ソーラーパネル清掃ロボット」を開発した。

同ロボットは、乾燥地域等で特に問題となっている、ソーラーパネルの表面に付着した砂塵を清掃することで、砂塵によって減少した発電能力を回復させる。海外の乾燥地域で実施した実証試験では、手作業での清掃と同等以上の発電能力の回復効果が確認されている。

大人が一人で持ち運ぶことができる大きさで、スタートスイットを押せば太陽光パネル上を自動走行して隅々まで清掃する。内蔵バッテリーにより連続で最大2時間使用可能。

今後は、ソーラー発電関連ビジネスや、中東・北アフリカ地域での事業展開に関心のある事業パートナーを広く募集するとともに、現在の試作機をもと製品化に取り組んでいく。

太陽光発電の普及拡大に伴い、太陽光発電システムの導入後のメンテナンスの重要性が高まっている。ソーラーパネルは、雨が極めて少ない乾燥地域や、太陽電池の設置角度が低くて雨が降っても汚れが流れ落ちにくいところでは、発電能力を維持するための清掃作業が必須。

今回、開発の対象とした乾燥地域は、水資源に乏しい上、低緯度であるため、ソーラーパネルの角度が水平に近く、水等で洗浄してもパネル表面に水がたまりやすい。そのため、水を使わない清掃ロボットが有効となる。

また、大規模太陽光発電所では、ソーラーパネルが数万枚を超えることも珍しくなく、手作業での清掃ではコストや作業性の点から合理的な清掃手段が求められている。

なお、未来機械は、2004 年に学生ベンチャー企業として、移動ロボットの研究開発・販売等を目的として設立された。現在、技術顧問として同大工学部知能機械システム工学科石原秀則准教授が助言指導を行っており、今回のロボット開発も同氏の指導・協力を受けている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.