> > 自作型太陽光発電システムのLooop、値段を抑えた新セットを発表 補償も強化

自作型太陽光発電システムのLooop、値段を抑えた新セットを発表 補償も強化

 印刷 記事を保存

Looop(ループ)(東京都文京区)は、再生可能エネルギーの固定買取価格制度において、4月1日から平成25年度買取価格が適用されたことを受けて、自分で作れるDIY型太陽光発電システム「MY発電所キット」シリーズについて、価格を抑えた新商品を導入するとともに、補償内容についてもバージョンアップすると発表した。

4月からの新しい買取条件は、10kW以上の産業用で37.8円/kWh(税込)、買取期間は20年間となる。同社には、年度末頃から顧客より新しい買取条件に対応した商品や価格を望む声が寄せられていた。同社は新商品の投入と補償内容の強化で、その要望に応える。

(※全文:437文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.