> > 自作型太陽光発電システムのLooop、値段を抑えた新セットを発表 補償も強化

自作型太陽光発電システムのLooop、値段を抑えた新セットを発表 補償も強化

記事を保存
自作型太陽光発電システムのLooop、値段を抑えた新セットを発表 補償も強化

Looop(ループ)(東京都文京区)は、再生可能エネルギーの固定買取価格制度において、4月1日から平成25年度買取価格が適用されたことを受けて、自分で作れるDIY型太陽光発電システム「MY発電所キット」シリーズについて、価格を抑えた新商品を導入するとともに、補償内容についてもバージョンアップすると発表した。

4月からの新しい買取条件は、10kW以上の産業用で37.8円/kWh(税込)、買取期間は20年間となる。同社には、年度末頃から顧客より新しい買取条件に対応した商品や価格を望む声が寄せられていた。同社は新商品の投入と補償内容の強化で、その要望に応える。

今回発売するのは、「MY発電所キット地上型多結晶250Wパネル 48枚セット12kW」(価格2,785,000円(税別)、「MY発電所キット地上型多結晶300Wパネル 48枚セット14.4kW」(価格3,150,000円(税別))。新商品として、4本バスバーを使用した多結晶モデルを新たにラインナップした。4本バスバー電極セルにより多結晶で世界トップレベルの変換効率を達成し、マイナスなしのプラス公差発電出力を実現。さらに、長期利用を約束する25年間の出力保証をつけた。価格を抑えながら、単結晶モデルに引けを取らない性能と品質で顧客のニーズに応える。

また、オプションとして、3段階(15度・30度・45度)にパネル角度を変更できる「角度可変式架台」を用意した。季節毎の太陽の角度に併せて最適なパネル角度に調整することで、年間約3~5%の発電量アップを見込む。MY発電所キット250Wの単・多結晶パネル48枚セット12kWのオプションとして1セットあたり10万円アップで提供する。

補償内容については、これまで「MY発電所キット」を購入したすべての顧客に対して、自然災害・盗難・悪戯など被害を受けた際の発電設備に対応する補償を行うサービスを提供していた。今回は従来の補償内容に加えて、罹災した際の逸失した売電利益を補償することができる3ヶ月間の利益補償を付けて、万が一の際の売電利益の減少に備える。多額の設備投資に対する自然災害等への備えに加え、罹災時における売電利益の確保を行うことで、MY発電所キットを購入した顧客に対し、より充実したサポートを提供する。

「MY発電所キット」は、「自分で作れる」をテーマにしたDIY型太陽光発電キット。太陽光パネルに、専用架台、パワーコンディショナー、分電盤、その他電材などがすべてパッケージされている。施工は顧客自身による対応のほかLooop社または販売代理店に依頼することもできる(別途費用)。

【参考】
自分で作れる地上設置型の太陽光発電、今期70件以上に(2012/11/30)

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.