> > ナイアガラの滝で大規模水力発電が完成 カナダ16万世帯の電力を供給

ナイアガラの滝で大規模水力発電が完成 カナダ16万世帯の電力を供給

記事を保存
ナイアガラの滝で大規模水力発電が完成 カナダ16万世帯の電力を供給

カナダ・オンタリオ州政府は、水力発電プロジェクト「ナイアガラ・トンネル・プロジェクト」が完成し、正式に稼働を開始したと発表した。これにより、州政府はナイアガラの滝からの、よりクリーンな再生可能エネルギーの利用を強化した。

本プロジェクトの事業主はオンタリオ電力(Ontario Power Generation)で、総工費は約1億カナダドル(約93億円)。プロジェクトは2005年9月より開始され、ナイアガラ川からサー・アダム・ベック発電所へと続く全長約10km、直径14.4m、深さ140mのトンネルの掘削工事が行われてきた。

カナダ・ナイアガラの滝の水力発電 全長10km以上の新トンネル

全長10km以上の新トンネル

全長10km以上の新トンネルを通じてナイアガラ川からサー・アダム・ベック水力発電所への流入水量は毎秒500立方メートル増加する。これにより、同州の16万世帯の電力需要を十分に賄えるクリーンで再生可能な電力が供給されることになる。

同州は、本プロジェクトについて、この50年間にオンタリオ州でサービスを開始した水力発電プロジェクトとしては過去最大規模で、同州が成し遂げた大きな業績と説明している。

本プロジェクトは、建設進行段階では、この手の再生可能エネルギー・プロジェクトとしては世界最大のものだった。ナイアガラ・トンネルの高さは4階建てビルに匹敵し、ここを流れる水量は毎秒500立方メートルで、この速度は、オリンピック会場の競泳用プールをほんの数秒で満水にするほどの速さに相当する。トンネルのライニングには、約50万立方メートルのコンクリートを使用、これは、1,000kmの歩道を舗装する量に匹敵する。トンネルの内壁の厚さは60cmで、現場打ちコンクリートで施工されている。

信頼性の高いクリーン・エネルギー・システムの構築は、州内の家庭、学校、病院、経済に供給すべき電力を確保するという州政府の計画の一環として進められている。2003年以降これまでに、新規、更新、刷新された複数の水力発電プロジェクトでオンタリオ州に送電された出力は360MW以上、これは概算で24万世帯分の電力を賄う量に相当する。

オンタリオ州はカナダ経済の中心地で、カナダ最大の経済圏、かつ、北米でトップ10の経済圏となっている。約200社の日系企業が、オンタリオ州に投資しており、ホンダ、トヨタ、日産、三菱重工業、カプコン、コーエイ、アステラス製薬、武田薬品工業、キャノンなどの主要企業が現地法人を置いている。

カナダ・ナイアガラの滝の水力発電

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.