> > 広島ガス、同社工場跡地に733kWの太陽光発電システムを設置

広島ガス、同社工場跡地に733kWの太陽光発電システムを設置

記事を保存

広島ガスは、広島県呉市阿賀南にある同社旧阿賀工場跡地において「広島ガス阿賀太陽光発電所」を建設すると発表した。発電規模は733kW。年間発電量は約85万kWh(一般家庭約240戸の年間使用量に相当)。

発電した電力は全て中国電力へ販売する。年間CO2削減量は約450トンを見込んでいる。今月着工し、10月に完成予定。

同社は、家庭用燃料電池コージェネレーションシステム「エネファーム」と「太陽光発電」を組み合わせた「ダブル発電」の普及に注力している。今回、さらなる再生可能エネルギーの普及を目指し、今回の太陽光発電所建設に至った。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.