> > 三菱樹脂など、オーストラリアで太陽光利用型植物工場の実証実験を開始

三菱樹脂など、オーストラリアで太陽光利用型植物工場の実証実験を開始

 印刷 記事を保存

三菱ケミカルホールディングスグループの三菱樹脂アグリドリーム(MPAD)及び地球快適化インスティテュート(TKI)は、オーストラリア・ビクトリア州第一次産業省の関連会社であるAgriculture Victoria Services Pty,Ltd.(AVS)と共同で、同省が保有するノックスフィールド農業試験場において、ホウレンソウなど葉菜類を栽培する太陽光利用型植物工場の実証実験を開始した。

同実証試験では、農業試験場の一部区域に、MPADの閉鎖型苗生産システムと葉菜用養液栽培システムを設置。両システムを用いてホウレンソウを栽培した場合、通常の土耕栽培に比べて約5倍となる約20作/年が可能であり、かつ苦味が抑えられるため洗わずに生でも美味しく食べることができる。MPADとTKIが今後のビジネス展開に伴う市場性の調査を行い、AVSは試験栽培や収穫された野菜の栄養成分等の各種データの収集を行う。

(※全文:789文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.