> > 日立、停電時に蓄電システムと連動し低速での運転を行うエレベーターを開発

日立、停電時に蓄電システムと連動し低速での運転を行うエレベーターを開発

記事を保存
日立、停電時に蓄電システムと連動し低速での運転を行うエレベーターを開発

日立製作所は、停電が発生した場合でもマンションに設置された蓄電システムと連動し、継続運転することができるエレベーターを、三井不動産レジデンシャルの新築分譲マンション「パークシティ南浦和(埼玉県さいたま市)」に納入した。

同エレベーターは、災害などによる停電時、蓄電システムが供給する電力をエレベーターの運転に活用し、自動でエレベーターを低速運転(105m/分→45m/分)に切り替え、継続運転できるのが特長。

蓄電池システムと連動したエレベーター制御システムは、一定の仕様条件が合致すればどのメーカーの蓄電池システムにも対応でき、マンションにおける停電時のライフライン確保に貢献する。

「パークシティ南浦和」の蓄電池システムは、平常時は、太陽光発電システムと商用電源の電力を蓄電し、電力需要ピーク時間帯に放電することにより、建物全体の環境負荷低減に貢献している。

停電時は、蓄電池の残量情報を自動判断して蓄電容量が無くなる前に最寄階に停止するため、かご内への閉じ込めを防止する。走行中に蓄電池の残量不足により停止した場合でも、エレベーターに設置している「停電時自動着床装置」により自動で最寄階に停止。

かご内では「低速運転中/蓄電池システムで低速運転しています」「低速運転終了/ドアが開いたらおりてください」などの表示を行い、利用者が安心して行動できるようなサポート機能も備えている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.