> > 日立、停電時に蓄電システムと連動し低速での運転を行うエレベーターを開発

日立、停電時に蓄電システムと連動し低速での運転を行うエレベーターを開発

 印刷 記事を保存

日立製作所は、停電が発生した場合でもマンションに設置された蓄電システムと連動し、継続運転することができるエレベーターを、三井不動産レジデンシャルの新築分譲マンション「パークシティ南浦和(埼玉県さいたま市)」に納入した。

同エレベーターは、災害などによる停電時、蓄電システムが供給する電力をエレベーターの運転に活用し、自動でエレベーターを低速運転(105m/分→45m/分)に切り替え、継続運転できるのが特長。

(※全文:582文字 画像:なし 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.