> > 富士通九州システムズ、先端農業技術確立に向けアグリベンチャーと資本提携

富士通九州システムズ、先端農業技術確立に向けアグリベンチャーと資本提携

記事を保存

富士通九州システムズ(福岡県)は、アグリベンチャー企業の果実堂(熊本県)に出資したと発表した。出資額は3,000万円で同社の1.64%の株主となった。これにより、富士通九州システムズは、農業栽培技術とICT融合により、国内外へのアグリICTビジネス展開を、果実堂は、主力商品のベビーリーフのより効率的な大規模生産を目指す。今後3年間、両社で100億円の売上目標を掲げている。

両社は、富士通九州システムズが開発したデータセンシング(UECS)技術と富士通クラウドを用いて、ハウス内の温度、湿度、CO2濃度、土壌水分量等をリアルタイムに正確に把握し、得られた測定データと果実堂の保有するベビーリーフの栽培技法とをマッチングさせ、最適栽培技法の確立を図る。

農場から得られた環境情報や栽培実績は、すべてビックデータとしてクラウドに蓄積され、栽培メカニズムの解析を加えたうえで、再び栽培現場に「生産技術向上のための情報」「品質向上のための情報」としてフィードバックさせ、生産力アップを目指す。

環境変化と植物の発育状況の解析から、最適な栽培法を導き出す「サイエンス農業」と、栽培現場における各種の環境変化を高感度かつ迅速に集計する「ICT」とを融合させた先端農業技術を確立し、栽培ノウハウを国内外に提供するクラウドビジネスも視野に入れて取り組んでいく。

なお、UECSは、植物生産の新たな情報標準「ユビキタス環境制御システム」。ユビキタス環境制御システム研究会で定めた各施設園芸機器やセンサー機器の違いを吸収して、同一規格の方法で計測制御を可能にした方式。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.