第一実業、米アクセスエナジー社の小型バイナリー発電システム販売開始

  • 印刷
  • 共有
※画像はイメージです
※画像はイメージです

総合機械商社の第一実業(東京都)は、アクセスエナジー社(米国)と焼却関連設備を対象とした販売代理店契約を締結したと発表した。これにより、焼却プロセスでの廃熱利用や、廃熱源の有効活用を検討している日本国内の企業・自治体向けに、国内仕様として最適化させた小型バイナリー発電システムの本格的な取扱販売を開始する。

アクセスエナジー社は、独自の技術である高効率な熱回収システム「Thermapower(TM)Organic Rankine Cycle(ORC)モジュール」を用いたバイナリー発電装置メーカー。高温の排ガスが発生する焼却施設の焼却プロセスで、同システムを利用することで、高温の排ガスから回収した熱を電力に変換することが可能となり、エネルギーの有効利用につながる。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報