> > 埼玉県にホンダの新工場 FEMSや太陽光発電、リサイクルなどで環境へ配慮

埼玉県にホンダの新工場 FEMSや太陽光発電、リサイクルなどで環境へ配慮

 印刷 記事を保存

ホンダは、埼玉製作所寄居工場(埼玉県)の今年7月稼働に先立ち、同工場建設に関わる環境への取り組みを公開した。同工場は年間25万台の生産能力を持つ四輪完成車工場で、最先端の生産技術と高効率の生産体質の構築によりマザー工場の役割を担っている。

建設にあたっては、従来捨てていた熱を新たに暖房用の熱源としてヒートポンプ冷凍機に有効活用することで、従来のボイラー熱源のみと比較してCO2を約60%低減、敷地面積の30%の緑地に約1.6万平方メートルのビオトープを設置するなど、エネルギー供給の効率化とリサイクル、生物多様性に配慮した質の高いビオトープ、緑化への取り組みを行う。

その他の取り組みは以下の通り。

(※全文:958文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.