> > 日立造船、サウジアラビアで集光型太陽熱発電プラントの実証試験

日立造船、サウジアラビアで集光型太陽熱発電プラントの実証試験

記事を保存
日立造船、サウジアラビアで集光型太陽熱発電プラントの実証試験

日立造船は、サウジアラビア海水淡水化公団(SWCC)の協力のもと、同社が開発した超低設置フレネル式太陽光集光装置(HSLPF)を用いて建設を進めていた太陽熱発電用実証プラントが完成し、実証試験を開始した。

同試験では、HSLPFの基本性能、日射変動による運転ノウハウ、設備の耐久性などを確認し、太陽熱発電プラントの建設に向けて基礎データの収集を行う。実証期間は2014年3月まで。

HSLPFの特長は以下の通り。

【1】角度と曲面を制御し集光倍率UP

従来のフレネル式は、平面または固定曲面形状の反射鏡を用いていたが、HSLPFは太陽の位置に応じて適切に集光できるように角度と曲面が制御可能な反射鏡を用いており、フレネル式の課題である集光倍率が50倍以下であるのをトラフ式と同等の70倍以上に向上させた。

※太陽熱発電は、反射鏡によって太陽光を集熱管に集めて熱源とし、高温蒸気を生成して発電する。太陽熱発電の集光方式には、同社採用のフレネル式の他にトラフ式、タワー式等がある。

【2】集熱管の低さで耐風強度やメンテナンス性UP

集熱管を設置するのに必要な高さを大幅に低く抑えたことにより、フレネル式の利点である耐風強度やメンテナンス性をさらに向上させた。

同社は、今後、太陽熱発電プラントの建設に加えて、ガスタービンコンバインドサイクルを併用した太陽熱複合発電プラントや太陽熱海水淡水化プラントの建設を目指す。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.