> > スバル、初のハイブリッド車を公開 初夏発売予定

スバル、初のハイブリッド車を公開 初夏発売予定

記事を保存
スバル、初のハイブリッド車を公開 初夏発売予定

富士重工業は、スバル初のハイブリッドシステム搭載車(日本仕様プロトタイプ)を日本初公開した。同システムは、先月ニューヨーク国際自動車ショーでワールドプレミアされたもの。

ハイブリッド化に伴い、搭載するモーター、高電圧バッテリーなどは、スバル独自のシンメトリカルAWDのレイアウトを活かしたまま配置し、ベースとなるガソリン車と同等の低い重心高・優れた重量配分を実現。

また、JC08 モード燃費値で20.0km/Lと燃費の向上も果たしながらも、モーターをアシストとして用いることで、加速感のある走りを実現した。日本国内では初夏の発売を予定。

ハイブリッドシステムとパワーユニットの具体的な特長は以下の通り。

  • トランスミッションは、リニアトロニック(CVT)をベースにプライマリープーリーの後方にハイブリッド用の駆動モーターを配置することで、専用トランスミッションとして開発。
  • 2.0L水平対向4 気筒DOHC エンジンの徹底的なフリクション低減等に取り組み、ハイブリッド車専用エンジンを開発。
  • 高電圧バッテリー等の新規重量部品は、ラゲッジルームの下にコンパクトに集中的に配置し、車両の前後左右の重量配分や重心高、ラゲッジルームのスペースは、ガソリン仕様と同等のレベルを確保。
  • 低速領域ではエンジンを切り離してEV 走行、中速領域ではモーターアシスト走行を可能にし、燃費性能の向上と軽快な走りを実現。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.