> > ホンダのロボット技術、積水ハウスのスマートハウス内で活用実験

ホンダのロボット技術、積水ハウスのスマートハウス内で活用実験

 印刷 記事を保存

積水ハウスとホンダは、スマートハウス分野で協力し、ヒューマノイドロボット研究から生まれたロボティクス技術を住宅内で活用することについての検証を共同で行うと発表した。

本研究は、積水ハウスが開設する情報発信・研究開発拠点「SUMUFUMULAB(住ムフムラボ)」(大阪府北区)や「総合住宅研究所」(京都府木津川市)において推進する。そこで、歩行をサポートするパーソナルモビリティ「UNI-CUB」や、体重の一部を機器が支えることで脚にかかる負担を低減する「体重支持型歩行アシスト」など、ホンダが開発したロボティクス技術を居住空間でどのように活かせるかを検証し評価していく。その成果を定期的に発信しながら、両社の「共創」により、ロボティクス技術の住宅内での実用化に向けたプロセスを加速させていく計画だ。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.