> > 関空の滑走路脇に11MWのメガソーラー 来年から稼働

関空の滑走路脇に11MWのメガソーラー 来年から稼働

記事を保存
関空の滑走路脇に11MWのメガソーラー 来年から稼働

ソーラーフロンティアと日本政策投資銀行(DBJ)、新関西国際空港(新関空会社)は、関西国際空港内に計約11,600kWの発電出力を持つメガソーラー(大規模太陽光発電施設)「KIXメガソーラー」を建設すると発表した。今年半ばごろから着工し、来年はじめの稼働を目指す。

ソーラーフロンティアとDBJが新たに設立した共同投資会社「SFソーラーパワー(SFP社)」と新関西国際空港は、本メガソーラーを建設することで合意した。

SFP社はメガソーラーの稼働開始後、再生可能エネルギーの推進に賛同する地域金融機関などに事業に参画してもらうことも検討している。また、本件はDBJの「競争力強化ファンド」から投融資を受ける第一号案件にもなる。

本メガソーラーはアジアの空港としては最大級の規模になる予定。新関西国際空港が有効利用できる土地や建物を提供、ソーラーフロンティアがCIS薄膜太陽電池モジュールの提供及びメガソーラーの維持管理を行い、DBJが同プロジェクトの資金調達を支援する。

3社がそれぞれの役割を果たして、土地、プロジェクト、資金調達を結び付けた環境先進空港のモデルケースとして、関西地域での再生可能エネルギーの普及を推進する。

設備概要としては、B滑走路の南側誘導路拡張予定地沿いの土地(約96,700平方メートル)と貨物上屋等に(約23,000平方メートル)に、空港機能を損なわない光の防眩特性を有するソーラーフロンティア製のCIS薄膜太陽電池(計7万2,000枚)を設置する。

年間発電量は合計1,200万kWhを想定している。この発電量は一般住宅の年間電力使用量の約4,100世帯分に匹敵し、また、年間約4,000tのCO2削減を見込む。

日本政策投資銀行(DBJ)は、3月にメザニンローンや優先株等のリスクマネーの供給を行っていく「競争力強化ファンド」を設立した。今回の太陽光発電事業に対する出融資は本ファンドの第1号案件となる。

出融資を決定した本プロジェクトは、太陽電池メーカーであるソーラーフロンティアのCIS太陽電池を活用し、バリューチェーンの下流である太陽光発電事業に新規に展開しようとするもの。今回の事業を第一弾として、今後も全国にある遊休地等を活用し、同事業の本格展開を図っていく予定。

DBJは、こうした同社の新たな事業展開を支援すべく、本プロジェクトに対してリスクマネーの供給を行っていく。今回の第一弾の事業に加え、2MW未満の比較的小規模の太陽光発電事業を対象とする。小規模の一つ一つの事業は組成コスト等の観点からプロジェクトファイナンスによる資金調達は困難だが、それらをSFP社に束ねることで、プロジェクトの収益性に着目した事業化を可能とした。

新関西国際空港は、スマート愛ランド構想の一環として、空港島内で太陽光や水素等のクリーンエネルギーによる創エネに取り組み、人と地球にやさしい「環境先進空港」を目指している。本件もその取り組みのひとつとして実施される。

【参考】
「プロジェクトファイナンス」の誤解 ― 風力・メガソーラー(1)(2013/4/22)
新関西国際空港 - アジアの空港で最大級のメガソーラー建設(PDF)

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.