> > 経産省の先端技術開発向け補助金、植物工場や追尾式太陽光発電など採択

経産省の先端技術開発向け補助金、植物工場や追尾式太陽光発電など採択

記事を保存

経済産業省は、イノベーション拠点立地推進事業「先端技術実証・評価設備整備費等補助金」の交付先について、申請のあった60件の事業のうち35件の採択を決定した。

整備事業としては、株式会社みらい、千葉大学による「LED照明と環境制御IT技術による人工光型植物工場」、株式会社アクトリー、スマートソーラーインターナショナル株式会社、石川県工業試験場による「追尾集光式太陽光・熱ハイブリッド発電を実現する熱電変換モジュールの製造・評価設備の整備」、東北ネヂ製造株式会社、茨城大学による「再生可能エネルギー用途向け太径締結部品の評価設備整備事業」など30件が採択された。

開発事業としては、遠野興産株式会社、東北大学による「放射能汚染されたバイオマスの低温熱分解による有効利用技術の開発」、児玉、東京大学による「革新的なゼロエミッション対策型枠に高機能LSIを搭載した次世代型枠の開発と実用化」など5件が採択された。

なお、同補助金制度は、これまでに開発された革新的な技術の実用化のための実証・評価等に必要な設備の整備等を支援し、研究開発投資を促進することにより、新技術の実用化を加速するもので、それにより震災からの復興の加速を図る。今回は、被災3県(岩手県、宮城県、福島県)において事業を実施し、その場で実用化を目指すものなど被災地要件が設けられている。

【参考】
経産省、岩手・宮城・福島県の震災復興に貢献する先端技術に補助金(2013/2/8)
宮城県の人工光型植物工場で環境制御の最適化とLED照明利用の実証実験(2012/4/5)
経済産業省 - 先端技術実証・評価設備整備費等補助金の採択事業者を決定しました

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.