> > デュポンの太陽電池用封止材、従来比25倍のPID耐性を実証

デュポンの太陽電池用封止材、従来比25倍のPID耐性を実証

記事を保存
デュポンの太陽電池用封止材、従来比25倍のPID耐性を実証

デュポン(東京都)は、第三者試験機関のケミトックスが行ったPID(電圧誘起出力低下)試験により、同社の太陽電池用アイオノマー封止材(太陽光モジュールのセルや回路を保護する材料)が、従来タイプの封止材と比べて約25倍の高いPID耐性を有すると実証されたと発表した。同社は、このアイオノマー封止材を使用した結晶系太陽光パネルの商品化を年内に予定している。

具体的には、従来材料のEVAを使用したモジュールでは、約8時間の耐久試験で出力劣化が観察されたのに対し、アイオノマーを使用したモジュールでは、200時間以上の耐久試験後も全く出力劣化が起きなかった。

今回、実際の使用環境を再現するために、非常に厳しい条件下で試験を実施しており、デュポンのアイオノマー封止材がユニークな電気特性と十分な透明性に加えて、優れた信頼性と耐久性を持つことが証明された。これにより高効率で長寿命な太陽光パネルを実現する。

なお、日本国内における太陽光パネル用アイオノマー封止材の開発、販売は三井デュポンポリケミカルが行っている。

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.