> > ISO40001などの管理システム、グループ単位による競争力強化が課題

ISO40001などの管理システム、グループ単位による競争力強化が課題

 印刷 記事を保存

経済産業省に設置されている審議会 日本工業標準調査会は、昨年12月から「マネジメントシステム」を活用した日本企業等組織の事業競争力を強化するための方策について検討してきた「事業競争力ワーキンググループ」の中間取りまとめを公表した。

この中で同調査会は、成熟期を迎えたマネジメントシステムについて、今後は地域・サプライチェーン・業界全体のグループとしての競争力を強化することが重要だとの見解を示した。その上で、経産省は「グループ単位による事業競争力強化モデル事業」を実施し、グループ単位の事業競争力・組織力・ブランド力等の強化を図るとしている。

(※全文:948文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.