> > センコー、物流センター屋根で太陽光発電 室内温度の低下効果も

センコー、物流センター屋根で太陽光発電 室内温度の低下効果も

記事を保存
センコー、物流センター屋根で太陽光発電 室内温度の低下効果も

物流事業を手がけるセンコー(大阪府大阪市)は、日本国内の物流センター7カ所に太陽光発電設備を設置し、2013年10月以降、順次、売電事業を開始すると発表した。各拠点に設置する太陽光発電設備は合計で発電能力5.3MWとなる見込み。5月から設置工事を開始し、10月または11月から事業を開始する予定。

本事業は国内物流センターの屋根を利用するもので、既存物流センターおよび新規建設予定の物流センターの中から、「屋根形状」「設備設置可能面積」「屋根耐荷重」などの事業推進条件に合致する拠点を抽出した。既存物流センター6カ所、新規物流センター1カ所に発電設備を設置し、東京電力管内3カ所、中部電力、関西電力管内各1カ所、九州電力管内2カ所の計7カ所で全量売電を予定している。

7拠点合計のCO2削減効果は年間2,800tと試算している。さらに、屋根に設置することで、物流センター内の温度が3~5度低下することが見込まれており、地球環境面への取り組みとしても大きな効果が期待される。

同社では環境負荷軽減に関する取り組みの一つとして、物流センターの屋根や屋上、壁面を利用した太陽発電に取り組んでいる。太陽光発電が他の再生エネルギー設備と比較して、施工が容易でメンテナンスコストが低く、CO2の排出がほとんどないことから、現在のノウハウを活かし、今回の売電事業を実施することとした。

現在、千葉、大阪、岡山の物流センターなどで自社使用を目的に太陽光発電を実施しており、新たに売電事業拠点7カ所が加わり、10カ所で太陽光発電を行うことになる。

同社では、2013年以降の新規拠点計画においても売電事業検討を進め、事業化のめどが立ったものから取り組みを実施していく計画だ。

今回、太陽光発電を設置する物流センター(所在地、出力、事業開始時期)は以下の通り。

  • 野田第2PDセンター(千葉県野田市、924kW、2013年10月)
  • 浦和PDセンター(埼玉県さいたま市、998kW、2013年10月)
  • りんこう第2PDセンター(静岡県富士市、753kW、2013年10月)
  • 小牧第2PDセンター(愛知県小牧市、566kW、2013年10月)
  • 西神戸PDセンター(兵庫県神戸市、619kW、2013年11月)
  • 延岡PDセンター(宮崎県延岡市、427kW、2013年11月)
  • 日向PDセンター(宮崎県日向市、998kW、2013年11月)

出力合計は5,285kW。なお、小牧第2PDセンターは新設物流センターで、2013年10月稼働の予定。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.