> > 名古屋市、なごや生物多様性センターの太陽光発電の設置事業者を再募集

名古屋市、なごや生物多様性センターの太陽光発電の設置事業者を再募集

記事を保存

名古屋市は、「なごや生物多様性センター」(名古屋市天白区)における太陽光発電設備の賃貸借に係る事業者を再募集すると発表した。本事業は、平成24年12月27日に記者クラブ発表し、事業者を募集したが、応募者がなかったため、条件を変更して再度募集する。

本事業では、市は事業者から賃貸借により太陽光発電設備を設置し、20年間、太陽光発電事業を行うため、設備の設計、施工及び維持管理等に関する企画提案を募集する。設置場所は同センター敷地内で、設置可能面積は1,200平方メートル。

前回の募集からの主な変更点として、設置場所について、前回は「駐車場・屋根(1,580平方メートル)」としていたものを「駐車場(1,200平方メートル)に、太陽光発電設備規模について、前回は「120kW以上を目指す」としていたものを、「設備規模の要件はなし」とした。

公募参加申請の受付期間は4月26日(金)~5月16日(木)。5月20日(月)~6月3日(月)に現地見学会を実施する。企画提案書等の受付期間は6月21日(金)~6月28日(金)。企画提案書等に基づき、学識経験者等で構成する選定委員会による審査を行い、し、8月下旬に事業者を決定する予定。

【参考】
名古屋市 - 「なごや生物多様性センター」における太陽光発電設備の賃貸借に係る事業者を再募集します

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.