日立造船、ポーランドの発電設備付きごみ処理施設の建設受注

  • 印刷
  • 共有

Hitz日立造船の100%子会社で、都市ごみ焼却プラントの設計、建設、保守などを手がけるスイスのHitachi Zosen Inova AG(HZI)をリーダーとするコンソーシアムは、ポーランドのごみ焼却発電事業者であるSITA Zielona Energia Sp.z.o.o.(以下、事業者)より、ポーランド西部にあるPoznan市での発電設備付都市ごみ焼却プラントの建設工事を受注した。

施設はストーカ式焼却炉(720t/日=360t/日×2炉、発電量15,000kW)。納期は2017年4月の予定。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報