> > 東京都、多摩産木材の利用促進事業に助成金 製品開発や販促など

東京都、多摩産木材の利用促進事業に助成金 製品開発や販促など

記事を保存
東京都、多摩産木材の利用促進事業に助成金 製品開発や販促など

東京都は、「多摩産材」の普及及び利用拡大について、外部組織や民間企業から製品開発などの効果的な提案を募集し、有効な取組に対し事業経費の2分の1(上限150万円)を助成すると発表した。

応募対象者は、都内に主たる事業所がある森林組合等協同組合、林業者・木材関連業者等の団体、および民間企業等で多摩産材の利用・普及等に取り組む団体で、多摩産材を使用した製品の開発や、販売促進のPRなどの提案を募っている。

募集期間は平成25年5月31日(金)まで。昨年度は、多摩産材を利用した学校机や椅子、木を生かしたエコ生活の提案などが実施され、一部商品化されている。

東京都では「2020年の東京」アクションプログラム2013(平成25年〜平成27年,総事業費26,800億円)に取り組んでおり、「水と緑の回廊で包まれた、美しいまち東京を復活させる」という目標の一環として、本事業を重点的に実施するとしている。

【参考】
東京都 - 東京の木「多摩産材」を普及、利用を拡大する取組に助成します

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.