> > 東芝、サイズが異なる太陽電池を組み合わせて設置容量拡大

東芝、サイズが異なる太陽電池を組み合わせて設置容量拡大

 印刷 記事を保存

東芝は、太陽電池モジュールVシリーズにおいて、5月9日より発売を開始した200W太陽電池モジュール(LPV-200V-BLK-J)に続いて、6月18日より175W太陽電池モジュール(LPV-175V-BLK-J)及び125W太陽電池モジュール(LPV-125V-BLK-J)の2機種の販売を開始する。

大きさの異なる太陽電池モジュールを組み合わせることで、屋根のスペースにぴったりと設置し、より多くの発電が可能となるようにラインナップを拡充する。

Vシリーズでは、200Wモジュールと125Wモジュール、175Wモジュールと125Wモジュールの2通りの組合せが可能。175Wモジュールと125Wモジュールを組み合わせたモデルケースでは、空いたペースに125Wモジュールを搭載することで、太陽電池容量は従来より約18%アップした。

(※全文:634文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.