> > 国内HEMS関連特許ランキング トップ3はパナソニック、東芝、中電

国内HEMS関連特許ランキング トップ3はパナソニック、東芝、中電

 印刷 記事を保存

特許分析等を手がけるパテント・リザルトは、国内における家庭用エネルギー管理システム(HEMS)関連技術についての特許出願について調査を実施した結果を発表した。「総合力ランキング」は、1位がパナソニック、2位が東芝、3位が中国電力だった。4位には米クアルコム(QUALCOMM)、5位にはシャープがランクインした。

1位パナソニックの注目度の高い特許として、「時間帯別電気料金情報に基づいて複数の電気機器の予約運転を行う制御システム等」や「配電システム」、「非接触電力伝送回路」をあげる。2位東芝は、「非接触型の充電等」や「予備力計算装置等」で注目度の高い特許を有する。3位中国電力の注目度の高い特許として、「電力系統における電力調整方法・装置」や「非接触給電システム、給電装置等」をあげる。

(※全文:1,266文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.