> > 再生可能エネルギー市場は2030年まで着実に成長する見込み

再生可能エネルギー市場は2030年まで着実に成長する見込み

 印刷 記事を保存

現在の市場状況の困難さにもかかわらず、コスト競争力の向上により、再生可能エネルギーは、全世界で2030年までに追加される新規発電容量の69%から74%を占める見込み

ロンドン・香港、2013年2月14日(日本時間)

ブルームバーグ・ニュー・エナジー・ファイナンスの調査によると、再生可能発電の新規容量への年間投資額は、現在から2030年までの間に、最小で2.5倍、最大で4.5倍以上増加すると予想される。最も可能性の高いシナリオによると、2030年の年間投資額は、現在より230%多い6300億ドルになる。この増加を促す要因は、風力・太陽光発電の化石燃料発電に対するコスト競争力のさらなる向上と、水力、地熱、バイオマスといった間欠的でないクリーンエネルギー源の普及である。

(※全文:2,507文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.