> > パナソニック、屋根に穴を開けない太陽光発電システム用屋根材を発売

パナソニック、屋根に穴を開けない太陽光発電システム用屋根材を発売

記事を保存
パナソニック、屋根に穴を開けない太陽光発電システム用屋根材を発売

パナソニックは、独自の耐震住宅工法「テクノストラクチャー」専用製品として、穴開けなしで簡単に太陽光発電システムの設置ができる屋根材「機能屋根システム」を開発し、6月1日より販売を開始する。2013年度の販売目標は500棟。

この「機能屋根システム」は軽量で耐震性に優れた屋根材で、特長として、

  1. 屋根に「穴を開けない」工法で、欲しいときに太陽光パネルの取り付けが可能
  2. 屋根に風の通路を確保した排熱設計により、小屋裏や太陽光パネル設置時の温度上昇に配慮
  3. 街並みに美しく調和する表情豊かな屋根

をあげる。また、テクノストラクチャー構造計算依頼と同時に、プレカット加工した材料を工事現場に邸別配送することで、廃材がほとんどない製品となっている。

太陽光パネルの取り付けでは、新開発の太陽光パネル固定金具により屋根に穴を開けずに太陽光パネル(同社製HIT233・240シリーズが対象)の施工ができる。また、穴をあけないため、施工による雨漏りの心配も払拭できる。

太陽光パネルの設置は、後日の取り付けも可能で、数年後に太陽光パネルの取り付けを希望される要望にも対応した。さらに、屋根の雨漏り保証は屋根施工完了後10年間で、太陽光パネルを途中で設置した後もそのまま保証を継続する。

街並みとの調和では、太陽光発電が急速に普及しており、特に屋根のデザイン性の景観への影響が大きくなっていることを踏まえて、施主、住宅会社、屋根および太陽光発電システム施工工事店の意見をもとに「これからの屋根に求められる価値」を研究して、景観を損なわない屋根材を開発した。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.