> > 慶大、仮想電力会社環境下で1,000家庭の電力需給制御実験に成功

慶大、仮想電力会社環境下で1,000家庭の電力需給制御実験に成功

 印刷 記事を保存

慶應義塾大学は、既存のインフラ設備を利用して消費者と発電者等間の需給調整のサービスを提供する仮想電力会社の環境下で、マシンツーマシン通信技術を用いた、1,000家庭の電力需給制御実験に成功したと発表した。5月29日(水)~31日(金)に東京ビッグサイトで開催されるスマートコミュニティ Japan2013・スマートグリッド展で実験デモを公開する。

同大学大学理工学部山中直明研究室では、ICT技術を活用したスマートグリッドにおいて、仮想電力会社(EVNO:Energy Virtual Network Operator)による次世代電力需給制御方式の研究を行っている。EVNOは、自らはインフラ設備を持たずに、発電設備、蓄電設備、送配電設備等のインフラ設備を借用して、消費者と発電者/蓄電者間の需給調整を行うことで収入を得て、インフラ設備の借用料を支払い、事業運営する仮想電力会社のことをいう。

(※全文:1,282文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.