> > 世界初 HEMS・BEMSと家電製品をつなぐ無線機をNICTが開発

世界初 HEMS・BEMSと家電製品をつなぐ無線機をNICTが開発

記事を保存
世界初 HEMS・BEMSと家電製品をつなぐ無線機をNICTが開発

情報通信研究機構(NICT)は、HEMS (エネルギー管理システム)アプリケーション用の国際標準通信規格「ECHONET Lite」と国際無線標準通信規格「Wi-SUN」を搭載した「無線機」の開発に世界で初めて成功した。

今回の開発の成功により、NICTが主導的に規格化を行ってきたWi-SUN規格が、ECHONET Lite向けホームネットワーク通信インタフェースとして商用に十分耐えうることが証明された。

この無線機をスマートメーターや家電機器、HEMSS、BEMSに組み込むことで、家電機器の制御やエネルギー管理を、無線で容易に行うことができる。また、IP(IPv6、6LoWPAN)およびnon-IPにも対応した機能が搭載されるため、利用者の想定する各種ネットワークに柔軟に対応することが可能だ。

なお、この無線機は、5月29日から31日に東京ビッグサイトで行われる「ワイヤレス・テクノロジー・パーク2013」に展示される予定。

HEMS/BEMSアプリケーション用の国際標準通信規格として策定されたECHONET Lite規格は、次世代スマートメーター用アプリケーション通信標準規格として採用されている。しかし、同規格は主にアプリケーション層に関する通信規格であり、データ通信を行う際のトランスポート層・ネットワーク層・データリンク層・物理層など、いわゆる下位層と呼ばれる部分の規定がされていなかった。

Wi-SUN 規格は、IEEE802.15.4g 規格をベースに日本の920MHz帯無線を対象とした下位層部分の通信規格が策定されている。

無線機の利用イメージ

今回開発した無線機の利用イメージ

 

【参考】
独立行政法人情報通信研究機構(NICT)- スマートメーター用通信標準規格「ECHONET Lite」及び「Wi-SUN」を搭載した小型・省電力“無線機”の開発に成功

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.