> > GE製スマートメーターと連携したクラウド型サービスが登場

GE製スマートメーターと連携したクラウド型サービスが登場

 印刷 記事を保存

オージス総研(大阪府)は、ゼネラル・エレクトリック(GE)製の電力スマートメーターを導入する顧客向けに、クラウド型メーターデータ管理サービスの提供を5月より開始した。マンションやオフィスビルの効率的な電力エネルギー管理を実現するために、メーターからの検針データの収集・蓄積、見える化を、自社のデータセンターを活用したクラウド型サービスとして提供する。2013年度は2.5万台、2016年度には35万台へのサービス提供を目指す。

(※全文:822文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.