> > GE製スマートメーターと連携したクラウド型サービスが登場

GE製スマートメーターと連携したクラウド型サービスが登場

記事を保存
GE製スマートメーターと連携したクラウド型サービスが登場 電力メーター向けデータ管理サービスでマンション・オフィスのスマート化を支援

オージス総研(大阪府)は、ゼネラル・エレクトリック(GE)製の電力スマートメーターを導入する顧客向けに、クラウド型メーターデータ管理サービスの提供を5月より開始した。マンションやオフィスビルの効率的な電力エネルギー管理を実現するために、メーターからの検針データの収集・蓄積、見える化を、自社のデータセンターを活用したクラウド型サービスとして提供する。2013年度は2.5万台、2016年度には35万台へのサービス提供を目指す。

同サービスは、「定時検針値の収集」に加えて、「日別の電力使用量の見える化」「電力使用量のオンデマンド検針」「メーターの遠隔制御」などの機能を備えている。メーター数に応じた料金体系により、ビジネス規模に応じた利用が可能で、過剰な設備投資も抑制できる。また、国際標準にも準拠しており、他システムとの連携も可能。

同社は、マンション・オフィスビルのスマート化に向けて電力スマートメーター導入を検討している企業や、高圧一括受電サービス事業者を対象に販売活動を展開していく。さらに、居住者向け見える化サービスをはじめ、電力使用料金や顧客管理、データ分析などの分野におけるサービス拡充についても検討を進めていく。最初はGE製のメーターを同サービスの対象とするが、順次、対応可能なメーターを増やす予定。

エネルギーの効率的な利用が求められる中、需要家では、電力スマートメーターを設置し、電力使用量を把握するニーズが高まっている。メーターが計測した電力使用量などのデータを取得・活用するためには、メーターからデータを収集・蓄積し、見える化するための管理システムが必要となる。そこで同社は、マンションやオフィスビルのスマート化の実現に向けて、メーター導入時に必要となるメーターデータ管理システムをクラウド型サービスとして提供することとした。

なお、同サービスは、5月29日から31日に東京ビッグサイトで行われる「スマートコミュニティJapan2013-スマートグリッド 展」に出展される。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.