> > 新日鉄住金エンジ、霧島地熱の株式を取得 地熱発電事業を強化

新日鉄住金エンジ、霧島地熱の株式を取得 地熱発電事業を強化

記事を保存

新日鉄住金エンジニアリングは、日鉄鉱業より大霧地熱発電所の蒸気供給操業会社である霧島地熱(鹿児島県霧島市)の株式15%を取得したと発表した。

これまでの地熱蒸気設備の供給に加えて、将来的にはO&M(オペレーション&メンテナンス)サービスの提供等地熱発電全般のソリューション事業を展開することで、中長期的に年50億円の売上規模を目指す。同時に、同事業部内の電力小売事業とのシナジーとして、地熱発電による電力の買取・販売にも積極的に取り組んでいく。

新日鉄住金エンジニアリングは、地熱発電事業の強化を目的に、今年4月1日付で新設したエネルギーソリューション事業部内に地熱発電推進部を組織。今回の株式取得は、地熱蒸気生産設備の設計~建設に関する保有技術に加え、操業・メンテナンスのノウハウを拡充することで、地熱発電事業の商品競争力や技術開発力のさらなる強化につなげるのが狙い。

なお、新日鉄住金エンジニアリングは、現在、稼働中の国内地熱発電所17ヵ所のうち9ヵ所に蒸気生産設備と蒸気輸送パイプラインを納入しており、そのうち東北・北海道地区では、地熱の地産地消を推進するため、発電所が立地する地元施設への熱水供給設備なども手がけている。

20130528_g.jpg

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.