愛知県に2カ所の商用仕様実証水素ステーションがオープン、実証開始

  • 印刷
  • 共有
※画像はイメージです
※画像はイメージです

NEDOは、愛知県において商用仕様実証水素ステーションを2カ所でオープンし、中京圏では初となる燃料電池車の本格普及に向けた実証開始したと発表した。

今回、NEDOは水素供給・利用技術研究組合との共同研究である地域水素供給インフラ技術・社会実証の一環として、商用仕様の実証水素ステーションである「とよたエコフルタウン水素ステーション」及び「神の倉水素ステーション」を完成、本格的運用を開始した。

続きは無料の会員登録(必須情報入力)後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

イベント情報