> > 水素を常温常圧の液体に変換し貯蔵・輸送する新技術の実証実験が成功

水素を常温常圧の液体に変換し貯蔵・輸送する新技術の実証実験が成功

 印刷 記事を保存

千代田化工建設株式会社(神奈川県横浜市)は、水素エネルギー供給事業において、これまで困難とされてきた水素の大量輸送や長期貯蔵を、商業ベースで可能にする新しい技術の実証に成功したと発表した。

今回おこなわれた実証試験は、トルエンに水素を固定(水素化反応)させ、メチルシクロヘキサン(MCH)という常温常圧の液体に変換して貯蔵・輸送し、独自に開発した脱水素触媒により再び水素を取り出すもの。極低温技術を必要とせず、通常の石油タンクやタンカーなど既存のインフラを利用できる一連の工程を確立できることを示した。

(※全文:304文字 画像:なし 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.