> > 農協施設への太陽光発電システム設置がスタート 第1号は岩手県の米倉庫

農協施設への太陽光発電システム設置がスタート 第1号は岩手県の米倉庫

記事を保存
農協施設への太陽光発電システム設置がスタート 第1号は岩手県の米倉庫

全国農業協同組合連合会(JA全農)と三菱商事は、岩手県花巻市で「全農岩手県本部 いわて純情米広域集出荷施設発電所」の建設を開始した。同発電所は、全農岩手県本部の米倉庫の屋根に太陽光発電設備を設置するもの。発電所の規模は、農業施設への屋根設置型においては最大級の799kW。年間発電量は744MWh(約130世帯分の電力使用量に相当)。今年9月には東北電力への売電を開始する予定。

JA全農と三菱商事は、昨年7月、全国の農業者・JAグループ関連施設の屋根を活用した太陽光発電事業を共同で推進していくことに合意し、10月には合弁でJAMCソーラーエナジー合同会社を新設して事業を進めてきた。JAMCソーラーは設立後、全国各地で発電設備の設置計画を進めており、平成24年度の買取価格認定案件は約80案件、発電容量合計で3万kWとなった。

平成25年度は、設置工法の開発により設置対象が拡大した畜舎や倉庫等の屋根に加え、JA等からニーズが多かった農地以外の遊休地も対象とし、発電容量合計で9万kW積み増すことを目指している。特に4月~6月は重点推進期間として、広く設置候補先を募集している。今回は、JAMCソーラーの第1号案件となり、今後、順次各施設への発電設備の設置を進める。

JAグル―プは、昨年10月のJA全国大会で、太陽光等による再生可能エネルギーの資源を最大限活用できるよう取り組むことを決議。JA全農は同決議を実践し、再生可能エネルギーの普及の促進と資源・施設の有効活用による農業経営基盤を強化しながら、地域の活性化を支援する。

三菱商事は、JA全農と連携して同事業を推進しながら、「経営戦略2015」で掲げた「事業活動を通じた継続的企業価値(継続的経済価値+継続的社会価値+継続的環境価値)の創出」に努めていく。

【参考】
JAと三菱商事、JAグループ関連施設の屋根で太陽光発電(2012/7/26)

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.