> > 丸紅、洋上風力据付事業会社の日本法人を設立 アジアでの事業強化

丸紅、洋上風力据付事業会社の日本法人を設立 アジアでの事業強化

記事を保存

丸紅と産業革新機構(INCJ)は、共同保有する欧州洋上風力据付大手シージャックス・インターナショナル社(イギリス)に関して、日本並びにアジア地域における洋上風力発電市場への事業展開を目的に、シージャックス社の100%グループ会社となる日本法人「シージャックス・ジャパン株式会社」を設立したと発表した。

丸紅は、2011年11月に英国ガンフリートサンズ洋上風力発電所へ参画し、2012年5月にシージャックス社を買収し、特殊船を用いた洋上風力発電所据付事業へ参入。シージャックス社は、欧州で830MW以上の洋上風力発電タービン機器等の据付実績を誇り、現在もドイツで大型洋上風力発電所の建設を行っている。

今回、丸紅の洋上風力発電に対するノウハウ、シージャックス社の経験・技術を最大限に活用することで、日本とアジア市場向けに特殊船の新造や現有特殊船の展開を早期に進め、地域全体における洋上風力発電の拡大へ貢献すべく活動を開始したい考えだ。

丸紅は、これまで海外で累計9万6,000MWの発電所建設EPC(設計・調達・工事)実績を有し、日本企業では最大となる全世界発電総量約3万MW、出資持分換算で約9,000MWを保有、さらに発電所の運転・保守事業への展開を進めている。

日本における洋上風力発電は、再生可能エネルギーへの注目とともに多数の新規発電所が計画されており、中長期的には主要な発電形態の一つになるものとして、今後さらに市場拡大が見込まれている。近隣諸国においても、政府支援等により洋上風力発電所の新規建設が見込まれており、将来的にはアジア地域全体において、世界を牽引する欧州と同規模の市場形成が期待されている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.