> > 清水建設、揚水浄化処理設備とヒートポンプを一体化、省エネとVOC除去効率を向上

清水建設、揚水浄化処理設備とヒートポンプを一体化、省エネとVOC除去効率を向上

記事を保存

清水建設は、汚染地下水対策の一つである揚水浄化処理において、VOC(揮発性有機化合物)汚染地下水の熱エネルギーを空調熱源に用いることで、省エネと除去効率の向上という2つの課題を同時に解決する「ヒートポンプ併設型VOC汚染地下水浄化システム」を開発した。また、本システムを検証し、省エネ効果と除去効果を確認した。

土壌汚染対策法の改正により、汚染の適正管理が求められるようになったことから、地下水汚染の拡散防止対策として揚水浄化処理を行うケースが増える見込み。

揚水浄化処理は、汚染地下水を揚水し、地上に設置した設備で水処理技術を組み合わせて浄化した後、放流または地下に戻すシステム。VOC汚染地下水などの浄化技術として採用されている。揚水浄化処理は低コストだが10年以上かかることもあり、その間継続して膨大な量の地下水を揚水することになる。そこで同社は、揚水される地下水の熱エネルギーに着目し、ヒートポンプと汚染地下水浄化技術を組み合わせたシステムを開発した。

本システムの特徴として、揚水浄化処理工程の中にヒートポンプによる熱交換工程を取り入れ、夏季には揚水した地下水の浄化処理前に、冬季には浄化処理後に熱交換し、回収した熱エネルギーを空調熱源に用いることをあげる。夏季は、地下水の熱エネルギーで空調用空気を冷やすと地下水温度が5~7℃上昇してVOCの揮発を促すため、浄化処理前に熱交換して除去効率の向上とランニングコストの低減を図る。一方、冬季は空調用空気を暖めると地下水温度が下がるため、揚水後にまずVOCの除去処理を行い、その後に熱交換を行うことで除去効率の低下を防止する。

揚水浄化処理量は、日量数十tから数百tと現場の条件によって異なるが、このシステムの適用により、揚水量1tにつき概ね年間で65kWhの省エネが可能。具体的な技術提案事例によると、揚水量1日337tの現場において、年間で22,106kWhの省エネとなり、ヒートポンプ採用による初期投資の増額分を5年弱で回収する、また、夏季のVOC除去効率が10%向上する、という試算結果を得ている。揚水浄化処理期間は10年以上に及ぶことが多いので、最終的には揚水浄化処理費用の削減にも貢献できるとしている。

システムの汎用性は高く、新たに揚水浄化処理を行う現場への適用だけでなく、既設の揚水浄化処理設備にも組み込むことができる。同社は、本システムの採用を提案することにより、汚染地下水の揚水浄化処理工事の受注拡大を目指す。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.