> > 伊藤忠、南アフリカ最大級のメガソーラー着工 発電量225GWh

伊藤忠、南アフリカ最大級のメガソーラー着工 発電量225GWh

記事を保存

伊藤忠商事が37.5%を出資するスカテック・ソーラー社(ノルウェー)は、南アフリカ共和国でアフリカ最大級の太陽光発電設備建設に着工した。160haの敷地に約46万枚の太陽電池パネルを敷き詰め、年間225GWh以上の発電量を見込んでいる。約5万3,000世帯相当分の消費電力をまかなうと同時に、年間19万tのCO2削減効果が期待される。稼働開始は2014年末頃。

スカテック・ソーラー社は、2012年5月の入札で南アフリカ政府より優先契約交渉権を獲得した「第2期太陽光発電事業(合計115MW)」について、5月9日付で20年間の売電契約を国営電力会社Eskomと締結。また、南アフリカの銀行との融資契約も締結した。

南アフリカ政府は、将来的に電力需要の約2割を太陽光などの再生可能エネルギーによりまかなうという目標を設定しおり、今回の事業は、政府保証のもと、国営電力会社ESKOMを通じて再生可能エネルギーにて発電された電力を買い取る「REIPPP制度」に基づいて推進される。

スカテック・ソーラーの南アフリカにおける太陽光発電設備容量は、「第1期(75MW)」と合計で190MWとなり、大型太陽光発電所の開発から建設・保有を手がける太陽光システムインテグレーターとしてのアフリカでの地位を確固たるものとする。

また、スカテック・ソーラーは、太陽光発電設備を世界中に普及させるため、電力需要が急速に高まっている新興国において、ほかのアフリカ各国での開発、中近東における現地有力パートナーとの事業展開を進めるなど、様々な取り組みを展開している。

日本でも、伊藤忠商事との戦略的な取り組みの一環として、ドイツ、イタリア、フランス、チェコ等の欧州諸国や南アフリカ等で培ってきた大型メガソーラー案件組成の経験・ネットワークを活用し、100MW相当の太陽光発電所の開発・建設を進めていく。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.