> > 環境省など、木質バイオマスエネルギーを活用した地域づくりを支援、公募を開始

環境省など、木質バイオマスエネルギーを活用した地域づくりを支援、公募を開始

記事を保存
環境省など、木質バイオマスエネルギーを活用した地域づくりを支援、公募を開始

環境省及び農林水産省は、森林資源をエネルギーとして有効活用し、低炭素社会の実現、森林整備の推進、雇用の確保等を図るため、木質バイオマスエネルギーを活用したモデル地域づくりを支援する事業を実施する。「木質バイオマスエネルギーを活用したモデル地域推進事業」として、平成25年度の公募を開始した。

本事業は委託により行うもので、今回、以下の2事業を公募する。
(1) 地域一体となった新たな木質バイオマスの収集・運搬・エネルギー利用システムを構築するための実現可能性調査
(2) 地域一体となった新たな木質バイオマスの収集・運搬・エネルギー利用システムの実証事業

予定件数は、
(1)については、予算の範囲内で3課題を目安として1課題当たり2,000万円を目安
(2)については、予算の範囲内で6課題を目安として1課題当たり2億円を目安

対象は民間団体等、または、複数の共同事業者による協議会。いずれの場合も説明会への参加又は説明書の交付を受けることが要件となる。公募の実施期間は6月7日(金)から7月4日(木)まで。

同省の事業計画(業務内容)によると、4事業を行うとしている。平成25年から実施する2事業については、以下のように説明している。
(1)については、地域内における木質バイオマスを利用した熱・電気の需要・未利用間伐材等原料調達の見通し、事業採算性等の実現可能性調査(平成25 年度実施、5カ所程度)

(2)については、原木の加工、燃料の運搬、木質バイオマスのエネルギー利用等を行うための施設をリース方式により一体的に導入し、モデル地域づくりの実証事業を行う。(平成25年度~平成27 年度、12カ所程度)。

また、以降、次の2事業を実施する。
(3)(1)の実現可能性調査を行った箇所において、施設の導入・運用を通じ、課題の整理やその克服方法の検討を行う(平成26 年度~)。
(4)上記(1)~(3)の取り組みを通じて得られたメリット、課題、その克服方法等の成果をとりまとめて公表する(平成28 年度以降)。

【参考】
環境省 - 平成25年度木質バイオマスエネルギーを活用したモデル地域推進事業の公募について

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.