> > ロームなど、小型水素燃料電池の実用化に向け実証試験、自治体、企業と連携

ロームなど、小型水素燃料電池の実用化に向け実証試験、自治体、企業と連携

 印刷 記事を保存

ロームと燃料電池開発ベンチャーのアクアフェアリー(京都府京都市)は、スマートフォンから災害時のバックアップ用電源まで幅広く利用することができる、小型、軽量、高出力の固体水素源型燃料電池の実用化に向け、自治体や有力企業で構成する製造・実証アライアンスを構築し、実証実験に取り組むと発表した。

両社は京都大学より技術的な支援を受けながら、本水素燃料電池の開発を進めてきたが、事業化に向け、NEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)から実証試験を行うための助成を受けることとなった。本実証試験では、数100Wクラスの軽量・高容量で使いやすい電源の商用化を目指して、今後2年間にわたって実証試験を進めていく。

(※全文:1,144文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.