> > ロームなど、小型水素燃料電池の実用化に向け実証試験、自治体、企業と連携

ロームなど、小型水素燃料電池の実用化に向け実証試験、自治体、企業と連携

記事を保存
ロームなど、小型水素燃料電池の実用化に向け実証試験、自治体、企業と連携

ロームと燃料電池開発ベンチャーのアクアフェアリー(京都府京都市)は、スマートフォンから災害時のバックアップ用電源まで幅広く利用することができる、小型、軽量、高出力の固体水素源型燃料電池の実用化に向け、自治体や有力企業で構成する製造・実証アライアンスを構築し、実証実験に取り組むと発表した。

両社は京都大学より技術的な支援を受けながら、本水素燃料電池の開発を進めてきたが、事業化に向け、NEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)から実証試験を行うための助成を受けることとなった。本実証試験では、数100Wクラスの軽量・高容量で使いやすい電源の商用化を目指して、今後2年間にわたって実証試験を進めていく。

まず、今秋を目標にプロトタイプ機を試作し、非常用電源としての基本的な機能を評価の上、来年防災の日にフィールドテスト用の燃料電池を用いて、各自治体で、災害時の緊急電源としての実証試験を行う予定。

ローム、アクアフェアリーと京都大学は、昨秋9月18日に、従来の携帯用電源と比較して圧倒的な軽量化、高効率化、長寿命化、長期間発電を可能とし、さらに環境負荷の少ない水素燃料電池システムを開発したことを発表した。これらの開発品につきましては、潜在ニーズを調査すべく、CEATEC JAPANやElectronica等の展示会で紹介するとともに官民への営業活動を行ってきた。その結果、世界25カ国、100以上の顧客から反響を得て、中でも数100Wクラスの軽量・高容量で使いやすい電源に対する希望が多く、特に日本では緊急電源の実現が喫緊の課題であることを確認した。

このような背景から、ロームとアクアフェアリーはNEDOの平成25年度の課題設定型産業技術開発費助成金に上記実証試験計画の申請を行い、5月8日に採択された。

本事業の実証実験では京都市・秋田県・三重県・島根県・京都府の各自治体の参画を得て、避難所などの現地にて災害時の緊急電源としての有用性、費用対効果、改善点等を確認の上、2015年を目標に商用化を進め、防災・減災への貢献を目指す。

また、固体水素源型燃料電池の早期の事業化に向けては、部材供給や製造技術開発等、各分野の有力メンバーが開発アライアンスに参加する。現時点では、燃料ユニットについては、東洋製罐、東洋エアゾール工業、試作技術については京都試作ネットの各社、デザイン・ブランディングについては著名な工業デザイナーの秋田道夫氏が、プロジェクトチームに参加し開発を進めている。

100W緊急用電源のサイズは34×24×24cm。重量は6~7kg。内蔵二次電池を搭載し、5V USB出力機能や、並列運転機能(複数台を連結して大出力化する機能)の機能を有し、AC100Wでの出力を可能としている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.