> > ライオンズマンションをスマート化 電力一括購入・エネルギー管理システム導入

ライオンズマンションをスマート化 電力一括購入・エネルギー管理システム導入

 印刷 記事を保存

大京(東京都)は、今後、分譲する「ライオンズマンション」をスマート化していき、まず首都圏および関西エリアにおける新築マンションで総戸数50戸以上、かつ電力一括購入システム導入物件から標準的に採用すると発表した。

電力一括購入システムや、マンション内のエネルギーマネジメントを行うMEMS(マンションエネルギーマネジメントシステム)を導入し、マンション全体の電気使用量と各戸の電気使用量の見える化を行うスマートメータを標準装備し連携させることで、居住者の電気使用量への関心を高め、電力逼迫時の抑制を図り、約15%程度の電気使用料金の節約を目指す。第一弾として「ライオンズ王子ステーションライズ(東京都)」に導入する。

(※全文:876文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.