> > パナソニック、社宅でスマートマンションの実証実験 埼玉県と大阪府で

パナソニック、社宅でスマートマンションの実証実験 埼玉県と大阪府で

記事を保存
パナソニック、社宅でスマートマンションの実証実験 埼玉県と大阪府で

パナソニック株式会社 エコソリューションズ社は、関東(埼玉県さいたま市)と関西(大阪府交野市)の同社従業員用社宅を活用したエネルギーマネジメント実証実験を6月中旬より本格的に開始する。

同実験は、スマートマンション事業の拡大に向けた技術検証とサービス開発などを目的としたもの。便利で快適で省エネな生活の実現に加えて、電力需給ひっ迫時のピーク電力を抑制するデマンドレスポンスにも対応するスマートマンションの実現を目指す。将来的には、蓄電システムの導入や他の企業・団体との共同実験なども検討していく。

具体的には、同社のHEMS中核機器「AiSEG」や、エネルギー計測ユニットなどのエネマネ関連機器、タブレット端末を関東と関西の既設の同社従業員用社宅に約100セット(約100世帯)導入。2年間にわたってデータを収集し、関東と関西における地域特性の差異なども含めた検証を行うとともに、デマンドレスポンスの実現に向け、どのような情報やインセンティブを提供すると居住者が無理なく節電行動を実施し、節電効果を最大化できるかを検証する。

また、クラウドサーバーで居住者の消費電力データや各種センサによって得られる部屋の温湿度・照度・居住者の行動などのデータを収集し、蓄積されたデータから電気の使い方や節電行動などを解析することで、新たな技術やサービスの開発につなげることも目的としている。

共用部においては、照明やエレベーターなどの主な設備の電力計測を行い、データをクラウドサーバー上に収集し分析。また、各戸に遠隔制御可能なエアコンを導入し、節電行動への影響を検証する。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.