> > 日本初 神奈川県で超小型車両の公道走行認定 団地巡回車両に活用

日本初 神奈川県で超小型車両の公道走行認定 団地巡回車両に活用

記事を保存
日本初 神奈川県で超小型車両の公道走行認定 団地巡回車両に活用

国土交通省関東運輸局は、神奈川県から申請のあった超小型モビリティについて、6月14日に全国に先がけて、公道走行を行うことができる車両認定を行ったと発表した。

今回の認定では、7月から、UR都市機構が神奈川県及び日産自動車と協力のうえ、横浜市内及び横須賀市内のUR都市機構の賃貸住宅(団地)巡回管理業務用車両として、超小型モビリティを運行することが認められた。車両は日産自動車の超小型モビリティ「ニューモビリティコンセプト」が使用される。

「超小型モビリティ」は、軽自動車よりコンパクトで小回りが利き、環境性能に優れ、地域の手軽な移動の足となる1人~2人乗り程度の車両のことをいう。定格出力8kW以下(又は125cc以下)、乗車定員2人以下(2個の年少者用補助乗車装置を取り付けたものにあっては3人以下)と定義されている。人口減少・高齢化時代に対応するコンパクトなまちづくりに適した新たなカテゴリーの乗り物として、国土交通省では超小型モビリティの開発・普及を進めている。

これまで超小型モビリティは公道を走ることが認められていなかったが、同省では、今年1月に、地方自治体や自動車メーカーなどの関係者が先導導入を行えるよう、超小型モビリティについて公道走行を可能とする「超小型モビリティ認定制度」を創設した。本制度では、安全確保を最優先に考え、1.高速道路等は走行しないこと、2.交通の安全と円滑を図るための措置を講じた場所において運行すること、等を条件とした上で一部基準を緩和することとし、認定を受けた超小型モビリティは公道走行が可能となる。地方自治体等の申請を受けて、車両、運行地域などを決めて、地方運輸局長が認定することになっている。本件が同制度による認定車両の第一号となる。

ホンダも、熊本県及び沖縄県宮古島市において、近距離移動用の超小型電気自動車「マイクロコミュータープロトタイプβ」を使った社会実験を実施すると発表している。

【参考】
ホンダの裏技・着せ替えボディ型「超小型モビリティ」 本格始動へ(2013/6/17)
国土交通省 - 超小型モビリティの運輸局長認定について

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.