> > オリックス、山口県下関市の銀行所有地にメガソーラーを建設

オリックス、山口県下関市の銀行所有地にメガソーラーを建設

記事を保存
オリックス、山口県下関市の銀行所有地にメガソーラーを建設

オリックスは、山口銀行グループが所有する山口県下関市の土地を賃借し、最大出力2,936kWのメガソーラーを建設すると発表した。

設置面積は約36,900平方メートル。パネル枚数は11,984枚。年間予想発電量は3,064,000kWh(一般家庭約850世帯分の年間消費電力に相当)。7月に着工し、2014年3月に運転開始予定。同案件は、オリックスが山口県で手がける初のメガソーラー事業となる。

オリックスは、再生可能エネルギーによる発電事業、太陽光発電システムの販売事業、屋根設置型太陽光発電事業など、幅広い領域でエネルギー関連ビジネスを展開している。昨年末には、全国17ヵ所で合計最大出力81.6MWメガソーラーの開発に着手することを発表し、2013年から2014年にかけて運転開始が予定されている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.