> > 三菱重工の蒸気タービン、トルコの地熱発電所に連続採用

三菱重工の蒸気タービン、トルコの地熱発電所に連続採用

記事を保存
三菱重工の蒸気タービン、トルコの地熱発電所に連続採用

三菱重工業は、三菱商事と共同で、トルコの独立系発電事業者(IPP)であるグルマット社から、ゲルメンチック地熱発電所(出力4万7,000kW)2号機向け蒸気タービンを受注した。蒸気タービンは地熱発電設備の中核機器で、今回の受注は、三菱重工業が2008年に納入したゲルメンチック1号機向けに続くもの。発電機は三菱電機が供給する。2015年に運転開始予定。

トルコでは、高い経済成長を背景に電力需給の逼迫が続いており、電源確保が大きな課題となっている。そのため、再生可能エネルギーへの関心も高まっており、同国に豊富に存在する地熱資源を利用するため、近年、政府の後押しも行われている。今回のゲルメンチック2号機でも、10年間にわたり電力の固定価格買取制度が適用される。

地熱発電は、地中深くに存在するマグマ溜まりの熱水を蒸気のかたちで取り出し、タービンを回して発電するもの。太陽光発電や風力発電などのように天候に影響されることがなく、24時間フル稼働できるため、風力や太陽光と比べて設備利用率が高く、CO2排出量が極めて少ないのが特長。

三菱重工業は、世界13ヵ国から100基超の地熱発電プラントを受注しており、同社納入の設備容量(約311万kW)は世界の地熱発電設備容量の約3割に達している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.