> > 東リ、広域認定制度を利用した使用済みタイルカーペットの回収リサイクルを開始

東リ、広域認定制度を利用した使用済みタイルカーペットの回収リサイクルを開始

記事を保存

東リは、2013年8月より、首都圏を中心に、使用済みタイルカーペットの回収リサイクルの取り組みを開始すると発表した。

このリサイクルシステムは、製造事業者等による広い地域で効率的な産業廃棄物の回収とリサイクルが可能となる特例制度「広域認定制度」(環境省 認定番号第215号)に基づき、建設会社等の排出事業者から産業廃棄物として廃棄されるタイルカーペットを回収し、新たなタイルカーペットの原材料として再利用するもの。

同社が販売しているGAシリーズ、GXシリーズなど、裏面が塩ビ樹脂により構成された使用済みのタイルカーペットが対象商品となる。同制度を利用して本回収リサイクルに取り組むことにより、廃棄物の減量や適正な処理が施されることで、資源の有効利用が可能となる。

東リとしては、2012年10月に開始したカーテンの回収リサイクルに次ぐものとなり、今後とも、積極的に循環型社会の構築に取り組んでいく考えだ。

広域認定制度は、製品が廃棄物となった場合、製造事業者等が広域的に処理を行うことにより、その減量や処理が確保されることを目的として、廃棄物処理業に関する法制度の基本である地方公共団体毎の許可を不要とする特例制度。製造業者等が処理を担うことにより、製品の性状・構造を熟知していることで高度な再生処理等が期待できること等の、第三者にはない適正処理のためのメリットが得られる場合を対象としている。

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.