> > 三井の分譲マンションに東芝製HEMS 電力ピーク時にクーポンなどで外出を促進

三井の分譲マンションに東芝製HEMS 電力ピーク時にクーポンなどで外出を促進

記事を保存
三井の分譲マンションに東芝製HEMS 電力ピーク時にクーポンなどで外出を促進

三井不動産レジデンシャルと東芝は、東芝製「HEMS(ホームエネルギーマネジメントシステム)」の新機能と、三井不動産グループ提供の暮らしのサービスと結びつけることで、居住者の満足度向上と省エネ行動を促進する分譲マンション初のサービスを2014年2月より「パークタワー西新宿エムズポート(東京都新宿区)」で開始する。

これは、HEMSが各住戸内の使用電力情報をもとに居住者のライフスタイルを分析するというマーケティング手法を用いて、各居住者のライフスタイルやニーズに合った適切なサービスを提示するという取り組み。

具体的には、東芝製HEMSが、三井不動産グループの住宅居住者向けサービス「三井のすまいLOOP」が提携するサービスメニューの中から、居住者のライフスタイルやニーズに合うサービスを選んで適切なタイミングでHEMSの画面上に提示する。

日々の使用電力情報の分析に基づく、生活に密着したサービスの提供により、サービスを受ける居住者の満足度の向上に加えて、居住者の潜在ニーズの掘り起こしも期待され、新たな事業機会の創出を図る。

また、マンションへ電力提供サービスを行うNTTファシリティーズから発信される電力需給ピーク情報をHEMSが把握し、居住者に対して、ピーク時の使用電力を減らす省エネ行動を促す。

具体的には、東芝製HEMSが三井不動産グループで運営する商業施設で使える優待サービスなどを画面上で提示し、電力需給ピーク時に外出して商業施設で過ごすことを推奨することで、外出による住戸内の省エネによってピークカットを図る。

従来のHEMSは「見える化」や「電力需給ピーク時間の告知」が主だったが、同サービスによって居住者のより具体的な「省エネ行動」の促進が可能になる。

なお、今年7月に販売開始する「パークホームズ品川ザ レジデンス(東京都港区)」においてもサービス提供を予定しており、今後、首都圏物件を中心に対象物件を拡大していく。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.