> > GMとHondaが次世代燃料電池の共同開発で提携 2020年頃の実用化へ

GMとHondaが次世代燃料電池の共同開発で提携 2020年頃の実用化へ

記事を保存
GMとHondaが次世代燃料電池の共同開発で提携 2020年頃の実用化へ

米ゼネラルモーターズ(GM)とホンダは、燃料電池電気自動車(FCEV)のより一層の普及のため、2020年頃の実用化に向けた次世代型燃料電池システムと水素貯蔵システムの共同開発を行うことに合意し、長期的な提携契約を締結したと発表した。

今回の提携により、両社はこれまで培ってきたお互いの燃料電池技術の知見を共有することで、小型・軽量で高い性能を有した低コストな燃料電池システムと水素貯蔵システムを開発することが可能となる。同時に、両社のスケールメリットを活かすことでさらなるコストダウンが期待される。

また、両社は水素インフラ整備や規格化、標準化に対する取り組みを共同で行い、政府関係や関連産業に対してFCEVの本格的普及を推進する取り組みを行っていく。

これまで、GMとホンダはFCEV開発において、実証フリートやリース販売などを通じて先駆的な活動を行ってきた。米国で発表されている「クリーン・エネルギー特許成長指数」において、両社は2002年から2012年における燃料電池に関する米国特許を1,200以上も保有しており、それぞれ1位と2位にランクされているなど、お互いがFCEV開発のリーディングカンパニーであると自負している。GMの会長兼CEOであるダン・アカーソン氏は「この共同開発はGMとHondaの燃料電池技術におけるリーダーとしての強みがあってこそ成り立っている」と述べている。

GMは2007年から北米で行っている「プロジェクト・ドライブウェイ」という実証実験において、他社を上回る119台のFCEVによる累計約300万マイルの実走行を展開してきた。

ホンダは2002年に「FCX」のリース販売を日本と米国で開始し、2009年に「World Green Car」を受賞した「FCXクラリティ」と合わせ、これまでに日米で85台のFCEVを販売、走行データを蓄積してきた。アメリカでは一般の顧客にもリースを行い、一般ユーザーの使い勝手のデータも蓄積している。

また、ホンダは、2015年にFCXクラリティの後継となるFCEVを日本、米国および欧州で発売する予定を公表している。なお、GMはFCEVの生産計画に関して、今後適切な時期に発表を別途行うとしている。

現在の自動車業界はエネルギー問題とCO2排出という2つの大きな課題に直面しており、燃料電池はこれらを解決しうる技術とされている。FCEVは風力やバイオマスなどから作られる再生可能な水素を燃料として走行することができ、水以外のものを一切排出しない。また、FCEVはわずか3分ほどで水素タンクに水素を充填することができ、かつ航続距離は400マイルまで可能。さらに、このパワートレイン技術は小型車から中型車、大型車といったさまざまなタイプの車種への搭載することができる。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.