> > 兵庫県、太陽光発電事業向け県民債発行 淡路島に1MWのメガソーラー整備

兵庫県、太陽光発電事業向け県民債発行 淡路島に1MWのメガソーラー整備

記事を保存

兵庫県は、住民参加型太陽光発電事業の一貫として、県民債「あわじ環境未来島債の発行」の発行と、淡路島に1MW規模の太陽光発電施設を整備することを発表した。県民債は、淡路島くにうみ協会を実施主体に、県が市民参加型の県民債を発行し、これを原資に県から同協会にお金を貸し付け、発電施設の整備を図るもの。淡路島民の購入を優先するが、一定期間が過ぎたら島外の県民も購入できる。販売対象者は個人のみ。販売期間は7月31日~8月26日まで。うち淡路島優先販売が8月13日まで。

県民債は5年債で発行するが、一括償還となるため、同協会が毎年利息分だけ県に納め、県から利息分を県民債所有者に負担。償還時に、一括して同協会が県に全額を償還する。20年計画のため、今後5年債もしくは10年債を発行する予定。発行した県民債の元金を再び同協会に貸し付けることになるため、資金ショートの可能性はない。

発行額は4億円。発行年限は5年。利率は7月30日時点での5年債の相場で決定。販売単位は一口5万円。購入限度額は200万円まで。購入者特典として、くにうみ協会から、2口までの購入者には、充電式電池付急速充電器セット、3口以上の購入者には、充電式電池付充電器セットが進呈される。

なお、現時点では、最優先として淡路島公園の隣接地1.54haで1MW規模の太陽光発電施設を整備する予定。

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.