> > 埼玉県、住宅用太陽光発電の販売で地元企業と協力 強引な販売営業の自粛にも期待

埼玉県、住宅用太陽光発電の販売で地元企業と協力 強引な販売営業の自粛にも期待

記事を保存

埼玉県は、「埼玉エコタウンプロジェクト」の実施市である本庄市の地元事業者が「埼玉エコタウンプロジェクト応援隊」となり、既存住宅への太陽光発電の設置をさらに進める取り組みを開始した。これにより、住民は顔の見える地元事業者から太陽光発電設備を購入することができ、安心して設置することが可能になる。県は、これを「太陽光発電地域密着型販売 本庄モデル」と位置づけ、地元事業者主体の取り組みとして地域経済活性化につなげたい考えだ。

具体的には、既存住宅への安心な施工、本庄市内住民等への積極的な周知により既存住宅への設置を促進。過度・強引な営業行為の自粛、メーカー保証とアフターフォローの徹底により安全・安心な商品提供を実現。価格は、基本となる価格38万円/kW(税別)以内のリーズナブルな設定とした。さらに、共通のシンボルマークを使用して太陽光発電の普及をPRする。

「埼玉エコタウンプロジェクト応援隊」のスタートアップメンバーは、ホームセンターチェーンを経営するカインズ(本庄市東富田)、精密加工メーカーの賛光精機(本庄市児玉町)、土木建築技術を活かした太陽光発電の販売を手がける真下建設(本庄市日の出)の3社。加えて本庄商工会議所が会員企業とともに協力・支援する。

なお、「埼玉エコタウンプロジェクト」は、再生可能エネルギーを中心とした創エネと徹底した省エネを市町村全体で取り組むことにより、エネルギーの地産地消を実現するモデルを全国に発信するもの。既存住宅のエコ化をメインプロジェクトのひとつとして位置付け、本庄市、東松山市などにおいて様々な取り組みを進めている。

【参考】
埼玉県 - 埼玉エコタウンプロジェクト 地元事業者「埼玉エコタウンプロジェクト応援隊」と連携し太陽光発電をさらに普及

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.